ニキビは10代の頃だけにできるわけではなく、皮脂量の減った女性もニキビはできます。同じニキビですが、それぞれニキビができる原因も対策も違います。その違いを把握し、適切なケアをすることがニキビの正しい対処法です。新陳代謝が活発な時期ですから、皮脂や角質、汗・汚れなどで毛穴が詰まってしまうことがニキビの大きな原因とされています。このタイプのニキビは、20代を過ぎ、皮脂の分泌量が低下すれば自然と治まります。

対策としては、脂っこいものを食べるのを控え、洗顔などを適切に行い、お肌を清潔に保つことが大切になります。気になるからといって、一日に何度も洗顔料を使って洗顔するのは逆効果です。また、つい気になって鏡ばかりを見たくなりますが、さわったり、いじったりするのが、ニキビにはいちばんよくありません。ニキビ跡もひどくなります。大人のニキビは、10代のニキビと違って、時期がくれば自然によくなるものではありません。

大人のニキビの主な原因は、ホルモンバランスや生活習慣の乱れによるものです。ストレスや食生活の乱れによって、ターンオーバーのサイクルが崩れ、肌バリアが正常に機能していないことが大きな原因とされています。乾燥肌の人でもニキビができるのは、皮脂の分泌量は少ないのですが毛穴がとても小さいため、毛穴が詰まりやすくなっているからです。また、内臓の調子がよくない時にもニキビができます。大人のニキビは、10代のニキビのように原因がはっきりしていない場合が多いので、自分の日常の生活全般を見直すことから始めていきましょう。

もちろん、お肌を清潔に保つことは大切です。洗顔料などは、なるべく刺激の少ない肌にやさしいものを選びましょう。また、10代のニキビと同じで、気にしすぎてさわったり、いじったりするのは厳禁。ニキビ跡が残ります。できてしまったニキビ跡は落ちにくいので、なるべくさわらないようにしましょう。
プロアクティブ+効果どう?私の口コミ本音体験談【ニキビ治る?】

関連ページ